三原じゅん子さん、見事当選されましたね。
彼女は子宮頸がんの経験者。「大病をして、人生観が変わりました」というような事を
おっしゃってました。彼女は離婚やら流産やら、波乱の人生を送っていますね。

でも、今彼女を見て思うのは「髪の毛長くて良いなぁ、抗がん剤は受けてないのかな」とか、「子宮は摘出したけど、卵巣は一つ残ってるらしいので羨ましいなぁ」とか、そんな事を思ってしまっています。卵巣を残すのは再発のリスク有りですが。

人と比べてはいけない事は充分承知していますけどね。
こうしてる間にも、つらい治療を続けている方もいらっしゃるんですから。

女優をやめてまで政治の世界に入ったという事は、かなりの覚悟があっての事だと思うので、今後の活動に注目したいと思います。  

やわらちゃんはちょっと欲張りすぎなんじゃないかしらね~←ヒガミ

三原さんは子宮頚がんのワクチン無料化を訴えていくようですが、最近乳がんや子宮がんについてはマスコミでも多く取り上げられている様に感じますが、卵巣がんはあまり知られていませんよね。

私自身子宮頸がん、子宮体がん、乳がん検診もそれぞれ受けてましたが、まさか卵巣がんになってしまうとは、思いもよりませんでした。

それでも私は子宮内膜症を患っていて婦人科に通っていた事から、ギリギリ早期と言われる段階で発見できましたが膀胱炎になった時、もし泌尿器科などに行っていたら卵巣がんは見逃されていたかもしれません。

今でも考えるとゾッとします。

三原じゅん子さんにお願いです。子宮頸がんの事ばかりではなく、卵巣がんの事もよろしくお願いします。



スポンサーサイト

今日の新聞に朗報が載っていました。

新聞記事

海外では承認されているのに日本では使えなかった抗がん剤が、一部ですが来春にも承認される事になったようです。
卵巣ガンの薬も対象に入っていました。

再発率が高いとされる卵巣ガン患者にとっては、本当に嬉しい事です。
少し前に承認されたドキシルも、色々な方が一生懸命国に対して働きかけたお陰で承認されたんですよね。

私は現在いわゆる【患者の会】のような所へは属してませんが、
一人では出来ない事でも、沢山の力が集まれば国を動かせるんだなと言う事を考えさせられました。
人任せにして、自分はのほほんとしていていい物かと…

昨日はこのお二人の話題でいっぱいでしたね。

プライベートな事も公表しなくてはならなくて、有名人は大変なんだなぁと思います。

週刊新潮に手記が載っているということで、本屋さんへ…ではなく図書館へ。

最新号も読み放題です。

闘病が始まってから良くお世話になってます。G研でも本が沢山おいてあるので、読書三昧でした。



野田さんは14回も頑張ってたんですね。私は3回でギブアップ。というか、お金と時間の問題の方が大きかったかな。両方がクリア出来れば、私ももっと続けていたかもしれない。

もしかして4回目に妊娠出来たかも…と言う思いはいまでもあります。

クローンの技術とかで無くした子宮とか卵巣とかを再生できる日もくるのかな…

ちなみに私は野田さんと同じ病院で不妊治療してました。

治療の時期もダブっている時があったので、通院の時キョロキョロして探してみたりもしました。

まぁ、普通に待合室にいる事もないと思いますが。

もう諦めたとものだと思っていましたが、ずっとがんばってたんですね…


大黒さんの事もビックリ。

人によって症状は違うと思うけど、子宮内膜症はハンパなく痛かったです。

立ち上がれ無い時もありました。

子宮筋腫は良く知られているけど、子宮内膜症は自分が患うまで名前さえ知らなかった。

私の周りにも知ってる人はいなかったけど、今回大黒さんのお陰でテレビでも詳しく説明されていました。

頑張って治療して欲しいと思います。



私の手元に、移植したけど駄目だった受精卵の写真が3枚残ってます。

なかなか捨てる事ができません。

色々な事を思い出して、久しぶりにちょっとだけ泣いてしまいました。



恒例の24時間テレビが今年も放送されましたね。

毎年他に見たい番組がなければ、ちょっとみてみようかなと言う感じでみてました。

でも今回、しばらく前から見てたブログの方が出演すると言う事で、楽しみにしてました。

卵巣ガンⅣ期のマミーさん。ブログはこちら

もう末期と言われていても無治療なのにとっても元気。

元々がとても明るい性格のようですね。病気の方が逃げて行ってしまう感じ。

見習いたいです。

それにしても24時間テレビ。今年は大病した事もあって今までとは違う感覚で見る事になるのかなと思ったけど、特に変わり無いと言うか、逆に覚めた目で見えちゃったと言うか…

マラソン無事にゴールして出演者の人泣いてるのに、何も感じなかったし。

そろそろマンネリなのではとも思ってしまうんだけど。

でも、一晩で何億も集められるのはテレビならではと思うし、募金もしてない人間が意見出来る事ではないですね。

失礼しました。




癌になってから、お守りやお札を色々と頂きました

お守り1

左が深川成田山 右が諏訪大社

諏訪大社のお守りは御柱守で、御利益が7年続くそうです。



お札

こちらは、無量寺 別名ガン封じ寺のお札。

愛知県蒲郡市にあり、名古屋の知り合いが送ってきてくれました。

お守り2

こちらは無量寺のお守り。かわいいデザインです



ガンになってから神社仏閣に行くたびに、おみくじをひく事が多くなりました。

最初に見るのはやはり健康の欄。

その中で、何回か本ぶくすと言う言葉があった。

本ぶくす?  その時は意味が分からなかったので家に帰って調べたところ…

病気が治り、もとの身体に戻るとなってました。

これは病気をした者にとって一番嬉しい言葉。

内蔵をゴッソリ取ってるのでもとの身体に戻る事はないけど、元の生活に戻れれば良しとしなければ。

おみくじの内容が良かった場合、家に持って帰ったほうが良いと聞いた事があるので持って帰ってきてますが…

ずっと持ってて良いのかな?

おみくじ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。