はじめまして、もっちーです。

私は卵巣癌を患っています。

今日ですべての治療が終わり、経過観察となりました。
長かったようなあっと言う間だったような…

告知された時の絶望感と不安感は忘れる事が出来ません

そんな時、闘病された方のブログを拝見してとても勉強になったり励みになりました。

卵巣癌は他の婦人科のガンに比べてブログの数が少なかったように思います。

そんな訳で、私の経験が少しでもお役に立てれば良いなと思いブログを立ち上げました。
これからが私の免疫力とガン細胞との本当の闘いだと思います

スポンサーサイト

      これまでの病歴を簡単にまとめてみます。
 
2002年 6月 … 生理痛が突然酷くなってきましたが、なかなか病院にも行かずにいました。 
2002年12月… 産婦人科受診。子宮内膜症によるチョコレート膿胞と診断。経過観察。                                                              2004年10月… 手術が必要になったためS病院へ転院
2004年12月… 腹腔鏡にて腫瘍のみ摘出

      この後、不妊の専門病院で体外受精を三回受けるも撃沈
      フルタイムで働きながらの不妊治療は辛かったです
      手術後の経過観察もおろそかにしてしまいました。


2009年 3月…  下腹部に違和感。子宮内膜症再発を疑い、再び最初の産婦人科受診。
               膀胱炎と診断と同時に子宮内膜症再発を言い渡される。その後経過観察。 

2009年10月… 卵巣癌の疑いの為以前手術したS病院受診。
2009年11月… 検査の結果卵巣癌と診断。がん専門病院へ転院。
2010年12月… 手術
2010年 2月…  化学療法開始  
2010年 6月…  全6回の化学療法終了、以後経過観察      

      最終的な病理診断は『類内膜腺癌Ⅱc期』でした。

 


2011年3月より元の職場へ復帰。
現在は4ヵ月に1度、定期検診の為通院しています。

私の卵巣癌は子宮内膜症からの発症のようなので、子宮内膜症のお話から…

ちなみに昨日で全ての抗がん剤治療を終えた今の状態は、手足の軽いしびれと味覚障害。

あと、やはり脱毛は避けられませんでしたのでおハゲ状態です。

吐き気止めが良く効いてくれたようで、治療中吐き気はまったくありませんでした。

                       

あれは忘れもしない2002年6月16日。

その日は会社が忙しかったために休日出勤をしました。

帰りにお買い物をする為、主人と有楽町で待ち合わせ。

仕事が終わって有楽町に向かおうと、会社のある新宿からJRの改札を通ったとたんに

下腹部にゲキツー

トイレに駆け込もうにも、休日の新宿駅は人でごったがえし思うように進めません。

しかも私は普段地下鉄を利用しているため、トイレの位置も良く分からずウロウロ

やっと見つけたと思ったら、そこも長い列が出来てました。

とにかく必死の思いで並んでやっと個室に入ったとたんに嘔吐と下痢…

救急車を呼んでもおかしくない状態だったかも。

でも、なんだか大げさにするのもイヤだったしひたすら治まるのを待ちました。

そのうち外から声が…

「ここだけなかなか出てこないのよ」

と、どうやらお掃除のおばさん達が話をしているようでした。

お腹の痛みも少し治まってきたので、とりあえず個室から出ました。

ひとまず電車に乗ってみましたが、耐え切れず途中下車してトイレへ…そこでまた嘔吐と下痢。

夫に電話を……出ない

その?につづく

電話が通じなければとにかく行くしかない。

遅刻しつつなんとか有楽町に到着。夫に説明して近くにあったゲーセンで座り込む。

私…「 したんだけど」

夫…「なんか途中でお祭りやってて賑やかだったんで聞こえなかった」

まあ仕方が無い…そんな事もあるサ。

しばらく休んでいるとだいぶ落ち着いてきたので、バーゲン会場のある国際フォーラムへ。

腰痛がひどいので、良さそうなベッドを探しにきました。

今思うと私の腰痛は子宮内膜症からきてたようです。

その後食事をして帰宅。

その頃にはお腹の痛みは軽い生理痛くらいに治まってました。

その後、生理のたびにひどい痛みが襲ってきました。

でもずっとではなく、2日目の1~2時間の間だけでそれ以外はなんの痛みもありませんでした。

しかし、半年もたつころさすがに不安になり病院へ行く事に。

でも、会社に勤めているとなかなか病院通いも難しいものがありますが色々調べた結果、銀座に土日

祝日も診療をしてくれるレディースクリニックを見つけたので、そこへ行って見る事に。

しかもそこは曜日によっては夜7時まで診察してくれます。ありがたいです。

治療編へつづく

内診の結果、卵巣が少し腫れている事と子宮の入り口(出口?)にポリープが2つある事が分かりました。

小さいけれど子宮筋腫もあると。

その時に初めて子宮内膜症と言う病気がある事を知りました。

ポリープは外来で簡単に取れるの事。筋腫はまだ小さいので今の所影響は無し

卵巣も腫れてはいるがまだ小さいので、しばらくは半年毎の経過観察になりました。

冷え性などもあったので漢方薬の桂枝茯苓丸を処方してもらいました。

診察のたびに少しずつ卵巣が大きくなってきたので、3ヵ月ごとの診察に。

自分でも子宮内膜症について色々と調べましたが、発病する原因がハッキリわからないので、

治療方も特に無し。完治するには卵巣を摘出するしかないようでした。

そんな頃、ある雑誌にピクノジェノールと言うサプリメントの特集がありました。

なんと子宮内膜症の症状が軽くなると…抗酸化作用が大変高いらしい…

こういった話ってあんまり信用出来ないよなぁと結構疑り深い私は思いました。

でも、でも、試しに買って見ようかな…美肌にもなるらしいし。

結局購入してみる事に。1日4錠欠かさず飲み続けました。

サプリメントなので即効性はないみたいですが、いつしかひどかった生理痛が無くなってました

でも、痛みが取れたのがあだとなり、3ヵ月ごとに行かなければいけなかった病院から足が遠のいてし
まい、久しぶりに病院に行った時には右卵巣が6センチ程に育ってしまってました

先生にも怒られ、即手術を言い渡されてしまいました

現在子宮内膜症の痛みで悩まれている方、ピクノジェノールを試してみる価値はあると思います。

もちろん人によると思いますが、私にはとてもよく効いてくれました。

ただ、子宮内膜症その物を治す為の物ものではない事は御理解下さい。

私も結局は手術をする事になりましたので。

手術編につづく

ピクノジェノールスーパーPDr 120粒
サイエンス・サプリ
サイエンス・サプリ

このアイテムの詳細を見る



脱・子宮内膜症宣言―女性の救世主・ピクノジェノールのすべて (元気健康ブックス)
星野 泰三
メタモル出版

このアイテムの詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。