私がPET検査を受けた病院はこちら。
ここも画像専門の病院です。PET検査について詳しく知りたい方は、覗いて見てください。
普通の検診で受けると10万円程かかってしまいますが、病気がある事が前提だと3割負担で済みます。
それでも高いですけどね。

私が更衣室で一緒になった方は、毎年検診をしているとおっしゃってました。
高いけど個々に色々と検査するより、良いかもしれないという判断のようでした。
もちろんPET検査だけで全ての病気が発見されるわけではありませんが。 

結果が出るまで2日程かかってしまうようで、しかも結果はS病院の方へ送られてしまうと言う事で、後日S病院まで取りに行かなくてはなりませんでした。

PET検査を受けたのが 2009年11月28日
転院先のG研の初診が 2009年11月30日

S病院で撮ったMRIのフィルムや紹介状を持ってG研へ。
診察室での先生との詳しい会話は正直言ってはっきり覚えていないんです。
手術の詳しいお話があったと思うんですが、緊張してたんでしょうね。

はっきり覚えているのは、

「何で今日一人で来たんですか?次回は必ず御主人も一緒に来てください 」と言われた事。

やっぱりそんな深刻な状態なんだ…



それとその先生の著書を紹介され、病院の売店にあるから買って帰ってねと。
その日はすっかり買うのを忘れてしまいましたが、後日ネットで購入。
確かに卵巣癌だけに絞った書籍って他には見かけないし、とても分かりやすく書いてありました。と同時に、卵巣癌の怖さを思い知らされるのでした。

心配しないでいいですよ再発・転移卵巣がん心配しないでいいですよ再発・転移卵巣がん
(2008/10)
滝沢 憲

商品詳細を見る



PET検査を受診した病院の医院長の著書

今あるガンが消えていく食事 (ビタミン文庫)今あるガンが消えていく食事 (ビタミン文庫)
(2008/10/15)
済陽高穂

商品詳細を見る


病院の受付で販売していたので迷わず購入。その時はまだⅢ期の進行癌の可能性が高かったし。
しかし、食事療法と言うのは大変です。本の通りにはなかなか出来ませんが、
野菜ジュースを搾って飲んだり、癌に効くと言われるような食べ物は積極的に料理に使っています。

スポンサーサイト

昨日、7月4日は実家の菩提寺であるお寺で施餓鬼会があったので、
母と共に出掛けました。私は始めての体験。

1時間程の僧侶のお話と、同じくらいの長さのお経
合計2時間。結構お尻が痛くなってしまったけど、色々と有りがたいお話が聞けました。

実家は浄土宗。南無阿弥陀仏の正しい唱え方や、お数珠の持ち方などユーモアも交えながら、きちんと教えていただきました。

お経はとても若い僧侶の方も交え5人の僧侶によるもので、とても壮観な感じがしました。

一つ気になった事…

僧侶の皆さん、私よりも髪の毛が長い…

何故かちょっとショック。

最後の抗がん剤の影響で、まだ脱毛がある私。やっと5ミリ位に伸びた髪の毛がまた抜けてます。
早く生えるモードに入って欲しいです。

夏のヅラは辛い…

お菓子を頂いて帰りました。
施餓鬼

G研の次の外来は2009年12月10日
その時にはPET検査の結果を持参したかったので、2009年12月2日にS病院へ電話。

PET検査の結果が送られてきていると言うので、さっそく当日取りに行く事に。
受付で用件を話し、診察室へ通されました。担当の医師には会えませんでしたが、看護師さんから
封筒を渡される。

中身を確認してくださいと言われましたが、怖くてちゃんと見る事が出来ませんでした。
パラパラとめくって、有難う御座いましたと言って診察室から出ました。



怖いけど、ちゃんと結果を見なくては…


病院内の人の少ない所に腰を落とし、封筒から取り出す


PET検査

写真は少しボケてしまって読みづらいですが、PETの結果ではリンパ節や他の臓器にも転移は無し。


   
 
 
ここ数日間の悪夢の様な日々の中で、久しぶりに明るい結果でした。
他の部分に転移が無ければ、ステージはⅠ期になる。
しかしPETも万能では無く、ごく小さな腫瘍は発見出来ない…

でも…でも…やっぱりその時はすごく嬉しかった。
さっそく夫に電話。一緒に喜んでくれました。

しかし、PETで慢性の鼻炎の事も分かっちゃうとは…

2009年12月10日夫と共にPET検査の結果を持ってG研へ。

「非常にきびしい状態です」と先生が一言。

そうそう、まだPET検査の封筒を渡してませんでした。

先生、これを…

先生が結果を読み始める。
しばし沈黙が流れる。

「良かったね~、これだと転移は無さそうだね。レベルダウンだ」



ホッとしました。
なんとなく、PETなんか当てにならないんだよとか、悪い事を言われそうな気がしていましたから。
でも、リンパ節が腫れているのは確かなので、やはり身体を大きく切って傍大動リンパ節の郭清をして、病理診断をしなくてはなりませんでした。

でもその時は、最悪の事態からは少し這い上がれたような気持ちになりました。
G研の初診の時の先生とのやり取りを思い出したんですが、

「明細胞ガンのⅢ期の場合、余命はどれ位でしょう。」

今にして思えば、良くそんな怖い事を聞いたな思うのですが、
その時の先生の答えは

「手術で取りきれなければ2年位かな」

2年…

変な話ですが、その時思ったのが東京スカイツリーの完成は見られないのかな、なんていう事でした。
今、東京スカイツリーが見えるたびにその時の事が思い出されます。

完成したら絶対見に行くぞぉ~

リンパ節の郭清について詳しくはこちらから

今日はWALKING WITH DINOSAURS LIVE ARENA TOUR IN JAPANを見に、横浜アリーナまで行ってきました。
あっ、ちゃんと投票を済ませてからです。


写真を撮るのは禁止かと思ってカメラを持って行かなかったんだけど、フラッシュ無しならОKと言う事だったので、仕方なく携帯電話で撮りました。

望遠出来ないし、やっぱりちゃんとしたカメラより写りがいまいちかな。ちょっと残念。

看板

恐竜1

恐竜2

ティラノサウルス

動きが結構本物っぽいし、泣き声もとっても迫力がありました。
途中20分の休憩が入りましたが、約2時間楽しむ事が出来ました。


詳しくは公式サイトでどうぞ


帰りにちょっと足を伸ばして横浜ベイサイドのアウトレットパークへ

アウトレット2

アウトレット1

普通にお出掛けして平和に過ごせる"今"に感謝
このままずぅ~っと何事も無く暮らせますように
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。