4月30日は昭和記念公園。

5月1日はお友達と地元のホテルにてランチビュッフェ。
その後、沢山食べた分を消費しようとカラオケ。
スーちゃんの追悼の意味も込めてキャンディーズメドレーを皆で熱唱。

2日はお仕事。

3日、知り合いのポルシェを借りて「那須どうぶつ王国」や那須のアウトレットへドライブ。
左ハンドルなので助手席は右側。狭い道では対向車が怖かった。
渋滞の部分が多かったので、あまりポルシェの良さが発揮出来ず。
借りた車だし、高価な車なのでなんだか緊張して気疲れしてまった。

4日は私の実家へ。

本日5日は電車に乗って東京駅や日本橋辺りを散策。
1度行ってみたかった「コレド室町」の中の日本橋だし場へ。

出汁

かつお出汁一杯百円。
お醤油と塩で自分好みに味付け。

旨いです
日本人で良かったぁ~って感じです。

そしてプラプラと道を歩いているときに、何やら配っているものが。
なにげなく頂くと中身は…

試供品

知らなかったけど、今日は「くすりの日」だそうです。
全国医薬品小売商業組合連合会の方がキャンペーンをしていたみたいです。

そして明日は…会社がお休みになったので新幹線でお出かけしてきます。
スポンサーサイト

ネットで気軽に宿が予約出来るようになってから、旅行の行き先もギリギリまで決めない事が多くなって、今回もなかなか決まりませんでした。

テレビのニュースで見た弘前のさくらまつりも行ってみたいなと思ったのですが、
以前奈良へ行った時に夫が熱を出して観光どころでは無くなってしまった事があって、
今回はそのリベンジに行く事になりました。
しかし、東海道新幹線に乗るのなら外せない場所が私にはあります。

そう…彦根です。

なので移動が大変ではありますが1日目は彦根に行き、京都に泊まって翌日奈良へ行く事に。
ひこにゃんはいまだに人気がありますので、お休みの日では混んでしまってツーショットが撮れないんです。
今までツーショットは何回か撮った事があるのですが、やはり何回でも撮りたい…

6日がお休みになったので一応平日だから空いているかと思いきや…
ひこにゃんが登場の時間になるとワラワラと人が集まってきました。

彦根5

やはりツーショットは無理でしたが、ひこにゃんにたっぷり癒されてきました


彦根2

彦根4

奈良では法隆寺、薬師寺、唐招提寺へ。
時間的にこれ以上は行く事は出来ませんでしたが、思いは果たせました。

薬師寺の日光菩薩、月光菩薩は上野の国立博物館に展示された時に見に行ったのですが、
やはり本来あるべき場所で見たかったんです。

奈良では真夏のような日差しで暑さに負けそうになりましたが、充実した休日を過ごす事が出来ました。

左はひこにゃんのモデルとなる伊井の赤備え
まったく別物みたいですよね…フフッ

ひこね1 ひこね2

風邪をひいてしまいました。
昨日会社から帰ってきて熱を測ったら37.5度
夜は38度まで上がってしまいました。

そんなに高熱ではないけど、鼻水が沢山出てつらかった

でも、一晩寝て復活しましたよ 
今日は出社しました。

連休中フラフラと遊びすぎたのでしょうかね。

携帯の機能としてついている歩数計によると、奈良に行った時26.784歩も歩いてました。


以前と違って、熱が出るとリンパ管炎か、とか蜂窩織炎か、とか
考えてしまいますが、今回は明らかに風邪の症状があったので良かったです。


最近の気候の変化についていくのも大変です。
本当に暑いんだかホットフラッシュなんだかよく分からない状態です。
体温調整が上手くいって無いような感じもします。

来週は3ヵ月ぶりに漢方の病院を受診するので、相談してみなくては。


傷病手当金という制度がある事を知ったのは、今回ガンを患ってからの事です。
以前子宮内膜症で手術した時も半月程会社を休みましたが、その時は高額療養費の事しか知りませんでした。

こんな有難い制度を利用しない手はありません。
まずは申請用紙を手に入れて…
ネットからダウンロードも出来るんですね。便利な世の中になりました。

私は2009年11月にガンを告知されてその時から闘病生活が始まったわけですが、
翌12月から通院やら入院やらで会社をお休みしたので、12月分から申請しました。

会社にて賃金支払い状況等を記入してもらうのですが、大きな会社であればそう言った書類を
処理してくれる課があるのでしょうが、私の場合社長と二人であーだこーだ言いながら何とか記入しました。
社長も傷病手当金なるものがある事を知らなかったようです。

12月は会社に行ったり行かなかったりしたので、勤務状況を記入するのも大変でした。

主治医による意見書も添えて提出。
しばらくして銀行に振り込みがありました。

働いてないのに、ホントにお金もらえるんだなぁと不思議な感覚でしたね。

傷病手当金は最大1年半支給されるみたいですが、抗がん剤治療中の間は大丈夫として、
治療が終わったら打ち切りになるのだろうかと思い、主治医に尋ねた事があります。

その時の答えは

「経過観察中と言う事で診断書を書きますが、認められるかどうかはわかりません」

と言う事でした。

それならば、ダメ元でとりあえずは申請。
6月に治療が終わりましたが、7月分は普通に支給されました。

その頃まで申請書は毎月提出しなければいけないのかと思ってたんですが、
まとめて申請しても大丈夫だったんですね。

なので、8月~10月分は経過観察中と言う事でまとめて申請。

待つ事しばし、けんぽ協会から封書が。
しかし、いつもの支払い決定の封書と違う…

やはりダメかと恐る恐る中を見て見ると…

「現在の状況をもう少し詳しくお知らせ下さい」と書いてありました。

つづく…







現在の状況を詳しくお知らせ下さいと言う事で…

その頃、指の強張りのために漢方クリニックヘ通っていましたが、
卵巣ガンとの関連が証明できなければ傷病手当金の支給は難しいかと思い、
説明文を一生懸命考えました。

ハッキリとは覚えてませんが、こんなような事を書いたと思います。

「卵巣を摘出した事による卵巣欠落症が原因と思われる指の強張りがある。
その治療の為漢方クリニックに通い治療中。
リンパ節郭清の影響で軽度のリンパ浮腫もみられる。」


すべてホントの事ですからね。
リンパ浮腫は目に見えて浮腫んでいるわけではありませんが内モモ辺りに違和感があり、
以前リンパ浮腫外来を受診した時に弾性着衣の装着指示書を頂いていたので、
そのコピーと漢方クリニックの領収書のコピーを添付。

現在服用している漢方薬の種類も記入して返信。

すると…

無事に3ヶ月分まとめて支給されました

その後、11月~翌年2月までの4ヶ月分を申請をする時は主治医に、

「診断書に漢方クリニックにて治療中と言う事を記入して頂けますか?」

と相談した所、

「イイですよ~」

と言う事だったので、今度は漢方クリニックの領収書などは添付しないで申請。

前回ダメかと思っていた3ヶ月分を頂けたので、最後の4ヶ月分はもうダメでも仕方ないなと思ってましたが、支給していただく事が出来ました。

実際指の強張りが無ければ、もう少し早く仕事復帰しようと思ってましたからね。

これで、2009年12月から仕事復帰する前の2011年2月分までもれなく傷病手当金を頂く事が出来ました。

傷病手当金とガン保険のお陰でゆっくりと治療に専念する事が出来、
今まで忙しく働いていた体も休める事が出来ました。

初めての専業主婦は新鮮でしたが、やはり私は働いている方が性に合っているような気がします。
ただ、来月位から忙しくなって残業続きになりそうなので、それはそれで少し憂鬱です…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。