リンパ浮腫セミナーのおさらいを…
なんだか今更な感じなので簡単に。

受講時間は、みっちり1時間半。
最初はセミナーを受けるつもりでは無かったので夕方映画を見る予定で、座席を予約してしまっていました。
途中で抜けるつもりでとりあえず部屋の中へ。

あ、イベントにはダンナと車で行ったのですが駐車場代がかさんでしまうのでここから別行動に。
先に帰ってもらってセミナーは私一人で行きました。


部屋の中は下肢と上肢に席が別れていて、最初はみな一緒にリンパ浮腫のお話。

リンパ浮腫の事は自分なりに色々と勉強をしてたつもりですが、今回新しい情報としてリンパ浮腫を発症しやすいのは術後2~3年目が一番多いとの事。まさに今の私。
でも、何年経ってもリスクはあるので常に気をつけなければいけませんね。

初期はやはり内ももとオマタの辺りに浮腫みが出てくる事が多いみたいです。

一通りお話を聞いた後は下肢グループだけ椅子ごと後ろ向きになり、下肢のマッサージの方法をお勉強。
上肢グループは最初の位置で上肢のマッサージのお勉強。

時にはスタッフの方が手をそえてくれて、力加減を教えてくれたり。
思っていた以上に勉強になったセミナーでした。

今回、上肢下肢あわせて20人位だったかな。
60歳代~70歳代位の方が多かったように思います。
その中で男性はお二方。
奥様の付き添いで来た見たいですが、熱心にお勉強されてました。

積極的に質問される方など色々な方がいて、実の所セミナーよりも人間ウォッチングが楽しかったような気も…

この後に観に行った映画は、【バイオハザードⅤ リトリビューション】
こう言うハラハラドキドキするもの、結構好きなんですよね~。
でも、心臓には悪そうだわ。
スポンサーサイト

国立がんセンターでのイベントからの帰り道、一人で最寄の築地駅へ。
築地駅は私がG研へ転院する前の病院の最寄駅でもあります。

外の賑やかさとは逆に、築地駅のホームは何となく薄暗くて寂しい感じ。

ガンと告知されたあの日の事がフラッシュバック。
電車に乗る前に病院の近くを流れる川のほとりで、しばらく川を眺めてたっけ…
今こんなに元気なのにほんとにガンなの?
なんで私が?
と、色々な思いが頭の中をグルグルと…

告知されたばかりの人、これから治療を始める人。
不安でいっぱいだろうな。

ガンは一人で闘うには手ごわすぎる相手です。
一緒に闘う仲間がいた方が心強いと思うんです。

第5回目となる【OVCAミーティング】が10月20日に開催されます。
詳しくは幹事さんのブログで。

初めての出席は結構勇気がいるかもしれませんね。
でもこれまで出席した方みんなお腹と心に傷を負っていますが、それぞれの人生を逞しく生きています。
仲間入りをするべく、ちょっとだけ勇気を出して見てくださいね。

そのあとは…きっと美味しい物を食べに行く機会が増えるかもしれません。
みんな美味しいもの大好きですからね。



今日もまた一人、ブログにてご家族からの悲しいご報告が。
猫好きなあの方のご冥福を心からお祈りします。

13日(土)

一足先に紅葉を楽しもうと、登山を兼ねて木々が色づいている山を検索。
その中でお手軽に行ける感じの「草津白根山」に決定

行楽日和と言う事もあり、渋滞を見越して朝4時に出発。
車は順調に走りましたが、標高が高くなるにつれ雲行きが怪しく…
白根山はほぼ山頂近くまで車で行けちゃうんです。

駐車場に着く頃には、ものすごい強風と濃い霧が立ちこめてきて。
看板の後ろ辺りがもやってるのが分かるでしょうか。
後に、この看板さえ良く見えなくなってくる状況に。

0767.jpg

火口付近

5895.jpg

本来ならば、こんなキレイな景色が見えるはずなのに。

湯釜

ここから本白根山へ登山と言うか、
トレッキングをする予定だったので車の中で朝ごはんのおにぎりを食べたり、
レストハウスでコーヒーを飲んでお天気回復を待ったのですが、ますます悪化。
車で表示された気温は3度。
フリースとか、薄手のダウンは持ってきてたけどそれを着ても寒い。

しまいには雨も降り出してきたので断念して下る事に。

ちょっと降りてきた場所では、良いお天気。

5900.jpg

う~ん、やっぱり山の天気は難しいのね。

それでも、標高が高い所では紅葉を見る事が出来ました。

5912.jpg
5916.jpg
5934.jpg
5917.jpg

ひとまず紅葉が見れたので気を取り直して草津の湯畑を経由しつつ、軽井沢のアウトレットへ。
途中では白糸の滝見学。
マイナスイオンたっぷり。

5946.jpg

アウトレットでプラプラと買い物をして、帰りもほとんど渋滞にはまる事無く帰宅。
そんなに体は動かしていないけど、朝早かった事も有り家についたらグッタリ。

悪天候は予定外だったけどキレイな景色も見る事が出来たし、心地よい疲れって感じかな。


今週末はいよいよOVCAミーティング。
総勢60人まで行きましたね。過去最高人数です。
皆さんが楽しめる会になりますように。





20日土曜日。
第5回OVCAミーティングに参加してきました。

この共に闘う仲間達のステキな笑顔がずっとずぅ~っと続きますようにと、
改めて願う秋の日でした。

0774.jpg

幹事サン達の進行っぷりは素晴らしかったなぁ。
人数が多くてご苦労もあったと思いますが、きっと素敵な思い出になりますね。
私もそうだったように。


本番の前にはるーうさん、まっきーさんと共にランチ。


ぎんざ泥武士
0773.jpg


二次会でお話した人参ジュースはこちらデス

0778.jpg

自分で作るのが一番良いんでしょうけど、なかなかね…
ご主人が毎日作ってくれる方もいるそうな。
うらやましすぎる。

お値段は230円くらいでまずまずお手頃かな。
でも、売ってるお店が少なくて今の所「オーケー」と言うスーパーでしか見ていない。
でも調べたらアマゾンでも売ってました。

ほんのり甘みがあって、美味しいと思います。


一大イベントが終わって、またしばらく忙しい日々が続きます。

がんばれ!ワタシ!





以前患った「網膜円孔」の検診は現在も定期的にしています。
黒いゴミのような物が飛んでいるように見える、いわゆる「飛蚊症」の症状は続いていますが、これは慣れるしかないと言われてますからね。

レーザーにて治療したのは右目だけど、左目にも少し同じ様な症状があるので先日検診の時に先生に言った所、
「昔何かあったような跡がある」
と、良く分からないような事を言われたけど、今特に治療するような状態では無いと言う事でした。
眼圧が標準より若干高めだそうだけど、これも様子見。
ひとまずは半年毎の検診。
急に症状が酷くなったりしたら、予約関係なく来てくださいとの事。

眼の検診の日は何故かいつもピーカン。
瞳を開いた眼に太陽の日差しは眩しすぎます。
やっぱりサングラス買おうかしら。

この検診をしておけば緑内障など他の病気も分かるしね。
年齢的にもキチンと受けておいた方が良いんだわ。

ところで、「昔何かあったような跡がある」と言われて思い出したんだけど、
以前リンパドレナージの動画が見られるサイトをご紹介しましたが、同じサイトに
「抗がん剤治療の眼への影響について」の記述がありました。

卵巣癌の初回治療にはかかせないタキソールも視力低下などの影響が出る場合があるとか。
ワタシの網膜も抗がん剤の影響を受けちゃったのかな、なんてちょっと考えてたりして。

まだ完全には関連づけられてはいないみたいなんだけど、興味がある方は覗いて見てください。
こちら  のサイトの「抗がん剤治療と眼の症状」と言う所から。


SURVIVORSHIP.jp


抗がん剤は人によって「しびれ」や「味覚障害」、重篤な症状としては「アナフィラキシーショック」など
様々な爪跡を残してしまうんですね。
ガンには力強く、人には優しく効く薬が早く開発される事を望みます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。