10日、日本一の星空を見る事が出来ると言う、長野県阿智村へ行ってきました。
紅葉も見ごろらしいので、久々に山登り。

ゴンドラとリフトに乗るので、あとは1時間半ほど歩きます。
山登りというよりはトレッキングかな。

CIMG0448_convert_20151018003515.jpg

ここは冬の間はスキー場になってます。
スキー板を付けないでリフトに乗るって、ちょっと変な感じがしますね。

CIMG0450_convert_20151018003141.jpg
CIMG0472_convert_20151018003638.jpg

CIMG0462_convert_20151018004237.jpg
CIMG0474_convert_20151018003709.jpg

見ごろ一歩手前な感じ。

そしていよいよ夜。
昼から厚い雲に覆われていたので星を拝むのは無理かな~と思いつつも、ゴンドラのチケット付きの宿だったので、寒さに備えた準備をして、送迎バスでゴンドラ乗り場へ。

ゴンドラを降りると、空いている所を見つけてシートを広げて場所取り。
みんな目を閉じ、カウントダウンで全ての照明を消して、目を開けた瞬間「わぁ~、綺麗」となるはずですが、やはり雲はどこかへ行ってくれずに満天の星を見る事は出来ませんでした。
満天の星どころか、やっと3個ほど薄暗~く見えただけでしたね~、残念。
またリベンジしたいな。
今年のナイトツアーはもう終了してしまったようですが、詳しくはスタービレッジ阿智で。

昨日は都内某所で大規模オフ会のOVCAミーティングが開催されましたね。
どうしようかな~なんて考えてるうちに、あっっという間に定員に達して早期締め切りに。
広報部長ゆみさんのパワーは凄いですね。
スポンサーサイト

私の詳しい病歴はこのブログの最初の方に書いてありますが、子宮内膜症で手術をした後不妊治療をしました。
結局授かる事はなく、そのまま婦人科へ行く事も遠ざかっていました。
子宮内膜症も再発がある病気だから、ほんとは経過観察をしていかなければいけなかったんだけど、特に気になる症状も無かったし。

そうして時が経ち、ある日強い排尿痛に襲われ、その痛さは正に子宮内膜症の様な痛みだったので以前通っていた婦人科へ駆け込みました。
その時は膀胱炎の診断だったんだけど、同時に内膜症が再発してる事も指摘されました。
そこからまた婦人科通いが始まり、経過観察を続ける中で内膜症からガンへ移行している事が判明したのです。

あの時膀胱炎にならなかったら…
きっともっとガンが進行するまで分からなかったのではないかと思うとゾッとします。

このブログは最後の抗がん剤治療が終わったその日に開設しました。
一番記録に残したかった事は、脱毛から発毛までの事ですかね。
自分が一番知りたかった事でもありますから。

そして、治療終了から今日で5年4ヶ月14日。
通院の日でした。

レントゲン、CT、腫瘍マーカーも異常なし。再発、転移を認めずと言う事で…

本日G研卒業となりました (*'-'*)

現在の主治医、3回くらいしかお会いしてないけど「おめでとうございます」と笑顔で…
嬉しかったです。

摘出した腫瘍のプレパラート、G研は半永久的に保存という情報は得ていましたが、確認の意味でカルテは何年間保存ですかと聞いてみたところ…

「がん患者のカルテは半永久的に保存してますから、また何か気になる事があったらいつでも来てください」
と、優しいお言葉も頂きました。実際に30年前の患者さんのカルテもありますよと。
もちろん気になる事は無い方が良いですけどね。

「はじめの一歩」というブログ名は、治療が終わって元の生活へ戻る第一歩を踏み出すと言う意味でつけました。
今回卒業にあたり、名前を変えてみようかな~とか、新しいブログを立ち上げようかな~とか、色々と思案中。
結局そのまま続けるかもしれませんが(^^ゞ

今後は1年に1度、最初に通ってたクリニックにて経過観察をしていきます。
この日を迎える事が出来て、感無量です。

お世話になりました。

g遐農convert_20151028230759




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。