今日は2ヵ月ぶりに漢方クリニックを受診して来ました。
地下鉄からJRに乗り換えて、しばらくしてから

あれ…?

やっちゃいました。
病院とは逆方向に乗ってました

そんなこんなで、時間をロスしてしまいつつ
病院へ到着。

先生   「調子はどうですか?」

もっちー 「指の強張りは一向に良くなりません」

先生   「舌を見せてください」

舌の状態から見ると、まだ代謝が悪いようです。
先生もどうしようかなと悩んでいる様子。
しばらくして

先生   「薬を追加してみましょう」

追加になったのは、附子(ブシ)と言う生薬。
全部で3種類になりました。
先生が言うには、全てお湯に溶いてから飲んでくださいと。
その方が吸収が良いみたいです。
今まで普通にお水で飲んでたのですが、
今日はお湯に溶いて飲んで見ました。
想像どおり

まずい…

家にいる時は大丈夫ですが、出先でお湯に溶くのは
難しいですね。

とりあえず1ヵ月分の薬を頂いてきました。

念の為リウマチの検査をもう一度してみるために
採血と採尿をしました。
結果は1ヶ月後の診察の時になります。



それと…
診察前、待合室にいる時にアンケートを頼まれました。

「四象体質による、日本人の患者の病床の研究」

日本と韓国の伝統医学を比較するためのものだそうです。
全部で200項目もあって大変でしたが、
丁度韓国から先生が来ていて、簡単ですが診察して頂けるとの事。

更にそのアンケートによって、四象体質を判定してくれるそうなんです。

四象体質とは、太陽・太陰・少陽・少陰に分かれているそうですが、
詳しい事についてはこれから調べてみようと思ってます。

診察が全て終わって帰りがけに
先ほどやったアンケートと全く同じものを渡され、
しばらくしてから、もう1度アンケートを行ってくださいと言われました。
家でじっくりやると、答えも多少違ってくるのでしょうね。

次回の診察の時に持参します。

どんな結果が出るのか楽しみでもあります。
どのタイプになるかによって自分に合う食べ物が分かるみたいです。

とりあえず、苦い薬を一生懸命飲みます。



補足

附子はトリカブトの根の部分のことであり、非常に毒性の強い植物だそうです。
毒も少量であれば体に良い影響を与えてくれるみたいですね。
そういえば、抗がん剤も毒薬なんですよね。

附子について調べているときに、面白い一文を発見。

附子は「ぶす」と読まれることもあります。
容姿が醜いことをブスというのは、トリカブトの毒を服用すると、筋肉がマヒして顔が無表情になることからきているといわれています。


勉強になりました。

彦根からの便り

アキバのホコ天

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。