最近、お相撲さんの八百長問題がよくニュースで流れていますが…
お相撲さんで思い出したのが、漢方のクリニックの初診の時、
待合室に入ったとたん甘~い匂いが漂って着ました。
この病院は大きい病院ですが、漢方クリニックの待合室は
小さい個室になってます。

すぐに大きい体が目につきました。
お相撲さんが二人も…

甘い匂いはびんつけ油の匂いでした。
狭い部屋の中で、匂いがこもってます。
だんだん気持ち悪くなってきてしまいました。
相撲の事はよく知りませんが、病院にくるのにも
あんなに油をつけなくてはいけないのでしょうか。

しばらくしたら、診察室から更にお相撲さんが出てきて、
待合室にいた二人と共に帰って行きました。
いなくなったからといって、すぐには匂いは消えません。


会社に勤めているときも、目の前の席の人がたっぷり香水をつけていて、
大変迷惑しました。
暖房で室内が暖まったりすると匂いが増します。

私だけでなく回りの人皆が迷惑していたので、上司が注意した事があるのですが、
その人は香水ではなく、シャンプーの匂いだと言い張ってました

匂いには好き嫌いがありますからね~。
付けるとしても、もう少し控えめにしてほしかったです。
そんな長年のイライラも病気になった原因の一つかと考えてしまいます。

趣味でアロマテラピーをしていますが、自然の香りはとても癒されます。
グレープフルーツの香りは、ダイエット効果もあるとか…

花野辺の里

彦根からの便り

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。