先日卵巣がんフォーラムへ行った時、ロビーでちょっとした販売スペースがあったので覗いて見ると、卵巣がんに関連した著書と並んで「卵巣がん患者・家族アンケート」と言うものが置いてありました。

これは卵巣がん患者の会スマイリーの5周年記念会報だそうで、500円で購入しました。

アンケート


アンケート対象者はスマイリー会員の方。
治療についての事や、普段の生活の事。
卵巣がん患者の様々な生の声が凝縮されていました。

色々な事を知るのはとても怖い時もあるのですが、私はついつい調べてしまいます 

卵巣がんフォーラムでもアスコと言う聞き慣れ無い言葉を聞いたので、
その日に早速調べてみた所…

ASCO…毎年アメリカで開催される世界的規模の癌治療学会の略名だそうです。

ASCOについては様々なサイトで紹介されているので内容を読んでみたりしましたが、
そもそも医療従事者向けの内容である事から専門用語が多く、到底一般人には分かりにくい物です。

唯一分かるのは、日々ガンに対する色々な研究がされているのだなと言う事ですかね。

先日の記事でリンパ郭清の有無や再発治療の時期などは病院によって違うと書きましたが、
この事についても研究はされていて、リンパ郭清をすると再発までの時間が延びるけれど
しなかった場合との生存率は変わらないとか、再発した場合すぐに治療を始めた場合とそうでない場合も生存率に変わりないという結果も出ているそうです。

じゃあどーしたら良いの?と言う感じですよね。
私の場合はリンパの腫れがあったので、郭清しないという選択は出来ませんでしたが。
もし腫れがなくて、郭清しますか?しませんか?と聞かれていたらどうしていたかな…
リンパ浮腫などと言うものがなければ、迷わず郭清する事を選びますけどね…


話は変わりますが、先日本屋さんでこんな本を見つけて…

文藝春秋 SPECIAL (スペシャル) 2011年 10月号 [雑誌]文藝春秋 SPECIAL (スペシャル) 2011年 10月号 [雑誌]
(2011/08/27)
不明

商品詳細を見る


迷いながらも結局購入。
これもがんを患った方の生の声がビッシリ。
読み応えがあります。




定期健診 2011.9.12

ハロウィン

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。