通勤の時に毎日献血センターの前を通ります。
センターの前では暑い日も寒い日も係りの人が看板を持って「献血お願いしまぁ~す」と頑張ってらっしゃいます。

以前献血をした事があるのですが、終わった後には飲み物飲み放題、ドーナツ食べ放題。
そのほか沢山のお菓子が用意してあり、至れり尽くせりでした。

当時は体重の関係で200ccの献血しか出来なかったのですが、今は余裕で400cc出来ちゃいますね 

さて、ドーナツ食べ放題に魅せられた訳ではありませんが、たまには献血してみようと思ったんですが…
大きな手術をしたし、抗がん剤と言う正常な細胞には毒以外の何者でもない液体を6回も体に注入してしまった私が献血しても大丈夫なのかと調べて見ました。

献血と言えば日本赤十字社。
ホームページの「献血をご遠慮いただく場合」の欄に恐れていた記載が。

悪性腫瘍の診断を受けて治療中の方はもちろん、悪性腫瘍の手術を受けた後の方も、たとえその術後経過が良好でも、献血をご遠慮いただいています。

ん~、やっぱりダメなんだ。
でも、がん細胞って他人の体では増殖しないんじゃないのかな?
それに、がんが体にあること知らないで献血しちゃってる人もいるはず。

いずれにしても、二度と献血出来ない体になってしまったんだわ。
今では献血センターの前を遠慮がちに早足で通り抜けてます。


ちなみに臓器提供は治療が済んで5年位経てば大丈夫なようです。
でも、卵巣がんの場合は5年では足りないんだろうなぁと思います。

健康保険証の裏に臓器提供の意思を確認する欄があるんですが、そちらも当分は無記入にしておきます。

私は眼にも傷を負ってますからね。
まずは自分の体の事を大事にしましょうと言う事なんでしょうか。

風邪のウイルスに勝ちました

シルバーウィーク

comment iconコメント ( -4 )

Re: ぼーずさん

そうですe-343。あの回転寿司屋さんにほど近い献血センターです。
毎日一生懸命献血を呼びかけてるんですよね。
私が献血した所はもっと大きな所なんですが、ほんとに色々な飲み物や食べ物がありました。
でも、こんなに色々とサービスをしないと献血する人が来ないのかなぁと思ってしまいました。
自分も病気になる前にもっと協力をしておけばよかったなぁと悔やんでます。

お話は変わりますが、あの献血センターの隣にあるお茶屋さんの抹茶ソフトクリームは私のお気に入りなんです。お茶の味が濃厚でとても美味しいので、もしまだ食べた事がなければ試してみてくださいね。
でも、食べた後に口の端が緑色になってしまうのでご注意を。うちに帰って鏡を見てビックリした事があります。そのままに電車に乗ってましたe-350

名前: もっちー [Edit] 2011-10-03 22:40

知らなかった…

こんにちわ~ヽ( ̄▽ ̄)ノ
あそこにある献血のところですねー。ワタシも通るたびに、いつか献血してみようと思っていましたが、出来ないんですね。
びっくりです!
身内が何かあったときの輸血も、やっぱりダメって言われてしまうんですかね~。

なんだか、厄介なカラダになったなーという気がします。

もっちーさんも目に問題が!?
ワタシも先日、白内障といわれたところです。でも、先生からは、白髪が増えたようなものですから、と言われました~。

名前: - [Edit] 2011-10-03 13:02

Re: るーうさん

手術前は臓器提供には消極的でしたが、どうせ今は人より臓器少ないし←自虐?
お腹も1度大きく切り開いちゃってるから、人のお役にたてるなら提供しても良いかなぁなんて考えてましたが、制限に引っかかるとは皮肉なものだなと思います
献血くらいは気軽にしたかったですね。

今自分に出来る事と言えば、ガンになっても元気に普通の生活を取り戻す事も出来るんだよと言う事を、ブログを通してお伝えしていく事でしょうか。
ホットフラッシュとか指の強張りとか、ちょっとした不便な事はありますけどね。

名前: もっちー [Edit] 2011-09-30 23:08

そうなんですね~~

私も、献血はいつごろから出来るようになるんだろう・・・
治療後半年?一年くらいかな・・・なんて考えていました。

まさか永久にできないとは( ̄□ ̄;)

臓器提供も家族は反対しているのですが、私としては使えるものは全て使って欲しいという信条なので、最終結論は家族に任せているものの、意思表示としては意思アリアリで○つけていたんですけど。

軽くショックを受けております( ̄□ ̄;)

でも、考えてみると家族が輸血や提供を受ける立場になった場合は、もし選べるとしたらがん経験者以外の方のものを希望するかも・・・とも思ったり。

お金もちじゃぁないから、他人様のお役に立てることってこのくらい?と思っていたので、
何か他の形で、お役に立てることを模索しなくちゃいけませんね。

確かに、自分ケアが一番のお仕事なのかもしれませんね。
こんな事を少し考えられるようになった今に感謝しなくちゃいけませんでした(^^;

名前: るーう [Edit] 2011-09-30 09:47

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。