12月のとある日曜日。
上野で開催されていたツタンカーメン展を見に行きました。
この日は電車で出掛けたので、そのあと東京駅散策などしてから帰る事に。
大丸をウロウロしてる頃からなんか体の調子が悪くなり、家に着くころにはグッタリ。

そのうち下痢や嘔吐が始まり微熱も…
でもそんなにすごく気持ち悪い訳でも無くお腹が痛い訳でも無く、ただただダルくて起き上がれない状態に。
翌日、熱も下がったし会社へ向かったのですが満員電車でフラフラになり途中で挫折。
会社へ電話して家へUターン。
風邪ではない感じだし何だろう何だろう、食あたり?と思ってたら翌日のネットのニュースで「感染性胃腸炎」に注意の文字が。

症状を見たら当てはまるし、もしかしてこれだったのかな?と言う事で納得。
いや、納得してる場合では無かった。
感染性と言う事は、人に移しちゃうと言う事なんだわ。
会社に行ってたらみんなに移しちゃったかも…

でも、一緒に暮らしてる旦那は何とも無かったからホントの所はどうだったのか。
病院には行かなかったから、今となっては分からずじまい。

何を言いたかったかというと、知らないって怖い事なのね。

そこからつながるお話で、うちのレコーダーはキーワード録画が出来るので「ガン」とか「ゆるキャラ」とか設定してます。

癌のキーワードで録画されてた物の中で気になった番組が一つ。

新しいがんの検査方法が開発されたと言う事。
血液中のアミノ酸の濃度を調べる事で6種類のがんの可能性が分かるそうです。

詳しくは こちら

自動で録画されてなければこの情報は知らなかった。

録画してあっても中々見る時間が無くて、これは夏頃に放送した番組みたいだけど。
他にもまだ見ていないものがあるので、気になった情報があればまた掲載したいと思います。

しかし、あの時のダルさは今まで経験した事が無い位でしたわ。
ウイルスと免疫がすごい勢いで戦っていたのな?

それにしても何時どのタイミングで感染しちゃったのかしら?

雪解け

冬はやっぱコレだね!

comment iconコメント ( -2 )

Re: ゆうま。さん

新しい検査方法が開発されるのは、本当に有難い事ですよね。
特に婦人科は受診をためらう人も多いでしょうから。
こう言った素晴らしい情報はもっと大々的に広めて欲しいなと思います。

体の方はもう全然大丈夫です(^^)v
ノロだともっと症状が重いと思ってたので、昼に食べた親子丼のせいかと思ってました(^^ゞ
結局の所何が原因だか分からないんだけど。
目に見えないものを防ぐのは難しいですね。

やはり手洗いとうがいをキチンとする事に尽きるんでしょうか。

名前: もっちー [Edit] 2013-01-14 23:38

わぁー

リスクスクリーニングについて、詳しい情報をありがとうございます。
対象部位が限られる・・というのが残念ではありますが、何もせずにいるよりもこの方法により救われる方が今後多く出てくることを期待したいです。
ありがたいことですね。

もっちーさん具合はいかがですか?
心配です。


名前: ゆうま。です [Edit] 2013-01-14 21:35

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。