2009年のクリスマスとお正月は病院で迎えましたので、生涯忘れなれない事でしょう。
クリスマスにはサンタさんが病室まで来て、ひとりずつプレゼントを配ってくれました。

クリスマスプレゼント

前の年まではお医者さまがサンタさんに扮装したそうですが、今回からはボランティアの方だそうです。

でも、担当の先生と看護士さんから手書きのクリスマスカードを頂きました。
忙しい中一人一人に書いてくれたんだなぁと感激している時、同室の方が泣き出してしまいました。

感激の涙です。私も一緒になってウルウルしてしまいました

皆さん普段明るく過ごしてますが、やはり不安でいっぱいなんです。そんな時優しい言葉を頂くと心に染みます。G研はがん専門病院なので、皆さんガンと戦っています。


夕飯はクリスマス用のチキンが出たのですが、私はまだお粥でしたので残念です。体調の関係でロビーで行われたクリスマスコンサートも行けませんでした。

そうこうしているうちに退院されるかたや、入院される方もいて病室も入れ替わってきました。
そんな中、年末年始は外泊される方などもいて大晦日は4人部屋に私ひとりになってしまいました。

寂しいし、やっぱり怖い

過去に何度か金縛りの経験もあるし。

でも、大晦日の夜は消灯時間関係なく起きてて良いですよと看護士さんからのお達しがあったので、心置きなく深夜までテレビを見る事が出来ました。

31日の夕飯

年越しそば

年越しそばです
天ぷらが結構豪華でした

ディズニーランドの年越し花火が遠くに見えるので、暗い病室の中一人で花火観賞

眠くなるギリギリまでベッドサイドの明かりをつけておいて、一気に寝ました。

2010年初日の出

初日の出1

初日の出2

2010年、まだまだガンとの闘いはつづきます。

退院

手術 その③

comment iconコメント ( -1 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2010-07-30 18:18

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。