私はもう随分と前から花粉症の症状があります。
でも、ちゃんと病院へ行って調べたことはありませんでした。
フルで働いていると、病院とか役所って行くのがホントに大変なのよね。

でも、最近近くのショッピングモールの中に土日も診察しているアレルギー科のあるクリニックが出来たのを発見

これは行ってみても良いかもねと受診してみました。

これまで花粉症に限らず、風邪とか熱出たりとかした時もほとんど薬を飲まずに頑張ってきました。
何故って…
もし子供出来てたらと思うと、怖くて薬飲めなかったのよね…
頑張ったよ…ワタシ…

さて、そんな余計な心配は無くなった事だし、バンバン薬飲んでやる~なんて思って受診したという理由もある。

いざ病院へ。
出ました、初診の時にはお約束の問診票。

過去にかかったことのある病気はありますか?

う~ん、書くの面倒だから癌の事はしらばっくれちゃおうかなぁなんてフト思っちゃったけど、イヤいかんと思い直して書き書き。

初診では血液検査をして、一週間後に結果を聞きに。

これ、ちゃんと調べようとするとかなり沢山の項目があります。

その中で、一般的なアレルギー源を先生が選んで検査してくれました。

ハウスダスト、ダニ、スギ、ヒノキを調べて、やはりスギとヒノキに反応がありました。

001.jpg

ちょっと分かりづらい表かしら?

こんなのも一緒にもらいました。

002.jpg

でも、スギもヒノキもそんなに高い数値ではないみたい。

それよりも問題なのは、一番下のigE(RIST)の数値。

下の見ると分かると思うけど、14.7と言う私の数値は1歳未満位の低さなの。


004.jpg

ちなみにigEとは何かを一生懸命調べたんだけど、色々と難しい言葉が羅列してて、一番簡単な説明だったのがこんな文章。

IgE抗体とは「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」「目の痒み」などのアレルギー症状を引き起こす原因となる物質で、アレルギー抗体とも呼ばれています。

本来IgE抗体は身体を守るために作られる物質ですが、アレルギーを起こす抗原(花粉など)との接触を繰り返すうちに体内に蓄積され、この量が一定のラインを超えると、アレルギー(花粉症などのくしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ)と呼ばれる異常な反応となって、さまざまな症状となって現れるのです


先生も詳しく説明はしてくれなかったんだけど、この数値の低さが気になると…


抗体が無さすぎも良くないんだろうなぁ。
抗がん剤治療した事と、関係があるのかしら…

などと、色々と調べ中。

長くなったので、つづく…

夜桜と屋台

バカの壁

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。