1週間以上たってしまいましたが、つづきを。

講演2は進行卵巣がんのお話。

G研の患者さんの多くは他の病院から紹介で来るそうで、その3分の2以上はⅢ期Ⅳ期の進行卵巣がんだそうです。
有効な健診方法が無かったり、初期のうちは自覚症状がない事がネックになってしまうんですね。
転移する場所で多いのが大網、横隔膜、直腸など。
でも、お腹の中のどこに転移してもおかしくはないと。

講演はスライドを見ながら行うのですが、そこには術中のお腹の画像も。
私は子宮内膜症のとき色々と調べてそういった画像も少しは慣れてましたが、初めての人はビックリしちゃいますね。

大動脈の太さにもビックリ。
普通の血管のイメージとは全然違います。

あと、手術の時どんだけお腹を広げられてるんだぁ~って感じ。
それなのに翌日から歩かされて^^;
いや、歩くのが大事だってことはよぉ~く分かっております。

一番驚いたのはリンパ節って一つずつ取っていくのかと思ってたら、血管に張り付いてる膜みたいなのを剥がして、そこからリンパ節を取り出すんですって。
だから、何個取ったかっていうのは後から分かるそうです。

抗がん剤についても色々と治験なども行っているようですが、今はTC療法が一番良いと言う結論みたいです。

他にもお話はありましたが、とりあえずこの辺で。

講演が終わって講堂から出ると、小さな紙袋に入ったお菓子とペットボトルのお茶が用意されてました。
なんとも有難い。

お話をして頂いた先生も、忙しい中大変だったろうと思います。
最後の「辛い治療を乗り越えた皆さんに敬意を表します」
と言う言葉にホロッときてしまいました。

また機会があったら是非行きたいと思います。

入笠山 (にゅうかさやま)

「婦人科の会」へ行ってきました その2 そして決意

comment iconコメント ( -8 )

Re:ヒロコさん

大丈夫です!
私の方でキチンと覚えているので、何度でも「はじめまして」してくださいね(笑)

ヒロコさんがご自身のブログで頭の写真を期間限定で公開されているのも見ました。
貴重ですよね。

私のブログにも、またお気軽に遊びに来てくださいね。

名前: もっちー [Edit] 2013-07-15 23:06

あら?

失礼しました(笑)自分で忘れているんですね。
以前のことはまったく覚えてないのです。ごめんなさいね。
こんなヤツです。。。。失礼しました。。。。。

名前: ヒロコ [Edit] 2013-07-15 15:31

Re: ヒロコさん

はじめまして…

イエ、以前管理人のみ閲覧可能のコメントをくださったヒロコさんですよね?(笑)
再度の訪問有難うございます。

勉強会はほんとに有難いと思います。しかもお茶とお菓子付き(*^_^*)
主治医以外の先生のお顔を見る機会もあまりないので、そちらも楽しみ。

今は穏やかに過ごされているとの事で良かったです。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

名前: もっちー [Edit] 2013-07-15 12:00

はじめまして

検索でたどり着きまして、何度かうかがっていましたが、今日は思い切ってコメントさせていただきました。
はじめまして、ヒロコといいます。
私も卵巣ガン発症しました。見つかった時はⅢC期、一昔前なら手遅れだったかもですね(笑)
二度の手術と、化学療法も二度やりましたが、10か月後に再発してしまいました。
でも三度目の化学療法を終えて、今は穏やかに過ごしています。髪はまだ短いですが(笑)
病院内での勉強会は良いですね~私が通っている病院でもあれば良いのに。残念。
またうかがいます。よろしくお願いします。

名前: ヒロコ [Edit] 2013-07-15 00:13

Re: るーうさん

4年生になった今でも、まだまだ心がザワザワする事があります。
病気の事を良く知りたいと思うのは、不安な気持ちの表れなんでしょうね。
闘う相手の事は知っておいた方が良いんだろうなぁと思うし。

OVCA1期生の同期として、るーうさんと一緒に頑張っていきたいです(*^_^*)
あ、私は2次会からだったから1.5期生かなぁ~(笑)

名前: もっちー [Edit] 2013-07-12 00:06

いつもありがとう~

いつも、もっちーさんの記事は本当に勉強させられます。

こうした講演会などに参加することも患者力を高めることにつながりますね。

4年生になったもっちーさん。
日々の暮らしは、もう「がん患者」じゃなく、「がん経験者」の域に達しているような気もしますが、
イイコトもワルイコトもしっかり受け止めて前進していくことが、強くなることかなって思います。

いつも、ためになる情報をありがとうございます☆

名前: るーう [Edit] 2013-07-10 23:57

Re: kaorinさん

何人か入院中と思われる方がパジャマ姿でいらっしゃいました。
そんなふうに気軽に講演を聞けるのは病院内で行う利点ですよね。
治療中の方にこそ必要な情報だと思うし。

私も他院からの紹介ですが、正直言ってガンと言う名前の付く病院には行きたくなかったな。
ガンだからしょうがないんだけど(^^ゞ

スライドはかなり衝撃的でした。
横隔膜や腹膜播種など、転移した例の画像でしたから…
でも、私も機会があればまた参加したいと思います。
いつかご一緒出来るかな(*^_^*)

名前: もっちー [Edit] 2013-07-10 22:33

ありがとうございます

もっちーさん

UPしてくださりありがとうございます。
記事を読んで、改めて行きたかったな~って思いました。
そのスライドを見てみたかった。

私も他院からの紹介なので、3分の2に入ります。
いきなりG研に来る方は少ないかもしれないですね。

最後に先生の言った言葉、本当にその通りだと思います。

私も次回は絶対に参加したいと思いました。

名前: kaorin [Edit] 2013-07-10 07:50

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。