仕事ではなく遊ぶのに忙しくて、ブログも放置気味…
昨日も楽しい1日を過ごす事が出来ました。
でも、ブロ友さん祭りもそろそろ終わり。
年末に向けて、少しずつ仕事も忙しくなってきそう。

先日久々に近所の図書館へ行った時、お目当ての本はなかったんだけど、この本にフト目が行きました。

がんと闘う・がんから学ぶ・がんと生きる (文春文庫)がんと闘う・がんから学ぶ・がんと生きる (文春文庫)
(2003/05)
中島 みち

商品詳細を見る


ご自身の乳がんと配偶者の肺がんのお話。

病気になってからやはりガンに関連した本が目についてしまう。
その中で、医師の誤診の話が多い気がするのはたまたまなのかな。

医師に不信感を抱いても、それが知人からの紹介だったりするとなかなか病院を移れなかったりする。
どんな医師と巡り合うかによって運命が変わってしまう事があるんだなと、少し怖くなったりする。

先日主治医から紹介された漢方の先生。
新しい病院のホームページをみつけたので早速予約の電話を入れてみたんだけど、11月中旬までは空きがないとの事。
人気がある先生なのかな。
ひとまずは予約を入れて…と

元々は婦人科癌の手術などをしていた先生のようなので、お話ししやすいと良いな。
以前はカァッと暑くなってもすぐに治まってたホットフラッシュ。

最近は結構ダラダラと長く続いてしまう。
体を冷やしてくれるような漢方が良いのかと思うけど、手先とか足先は冷たかったりするから難しい所ですね。
どんな漢方を処方してくれるかな。
その事については、またご報告しますね。

あ、タイトルと記事とは何の関係もありませんでしたね。

旅博2013

ハリーポッター気分で…

comment iconコメント ( -2 )

Re: レモンさん

実はこの本、元々3冊だったのを1冊にまとめたそうで、文庫本なんだけどかなり厚みがあります。
返却期限に間に合うように、一生懸命読んでる所です(^_^;)
闘病記を読んでいて思うのは、早期発見する事の難しさかな。
読み応えがあるので、機会があったら読んでみてね。

漢方の病院は事前に問診票をダウンロード出来るんだけど、かなり沢山の項目があります。
それだけ患者の体の様子や暮らしぶりを知ろうとしてくれてるのかなと思います。

答えるの大変だけど家でユックリ書けるのは良いですね(*^_^*)
随分と先になっちゃうけど、またご報告します。

名前: もっちー [Edit] 2013-09-13 23:36

もっちーさんこんにちは

私もこの本借りてみようかな~
紹介された漢方の先生が 話しやすい先生であったらいいですね
きっと人気あるようだからいい先生でしょうね


ホットフラッシュはどうにかならないですかね~
ウィッグまでしっとりペタペタするから・・・つらいです
OVCAで頂いたセンスは 大活躍ですよね

漢方情報楽しみしてますね

名前: レモン [Edit] 2013-09-13 09:55

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。