19日(土)はOVCAミーティング…ではなく、今回は秋葉原で開催された
「もっと知ってほしい・卵巣がんのこと」と言うセミナーへ足を運びました。
去年も参加したので今回で2回目。

その前にランチランチ

最初、まっきーと2人で約束してましたが、lilyさんもセミナーへ行くと言う情報を得たので、
「一緒にランチしませんか」とお誘いして、仙台からいらした☆さんとともに秋葉原で待ち合わせ。

lilyさんと☆さんは数少ない私と同ステージの方。
しかも同時期に闘病してたし、その頃はお2人がアメブロでやり取りしているのを必死に見てたっけ。
お2人とも冷静に真剣に病気と向かい合ってるんだなと感じてました。
そんなお2人と共に元気に4年目を過ごし、こうしてハンバーグランチを一緒に食べる事が出来る日が来るなんて…と、1人で感情に浸ってました(*゚ー゚)

ランチでは女性ホルモン話に花が咲き、なんなら商品開発出来ちゃうんじゃないかと言う勢いでしたわね。
セミナーまで少し時間があったので会場近くの全国の美味しい物物産展へ行って、ご飯食べたばかりだというのに試食しまくり。
ごぼう茶やコーヒーや日本酒の試飲まであり、みんな目がキラキラ

ここはまたユックリ来ようと心に誓って、名残惜しくも会場へ。

今回のお話は腫瘍内科医の勝俣範之先生。
OVCA仲間では、すでにお馴染みの先生ですわね。

講演の内容は こちら のがん情報ビデオライブラリから後日配信されるので、見る事が出来ます。

私は自分が患ってしまった病気の事を知りたくて色々調べたり、こうしたセミナーに参加したりしてますが、勝俣先生いわく

「医師の中には患者が色々と勉強するのを嫌がる人がいますね」
と言うような事を言っていました。

そんな気持ちも分からなくはないです。

先生方もとても沢山勉強して医者になったんでしょうから。

ただ、私たちも必死ですからね…
先生にとっては大勢の患者のうちの1人かもしれないけど、自分達にとってはただ1つの命。

卵巣がんではタキソールが注目されがちだけど1番重要なのはカルボプラチンですと言い切りました。
だから、アレルギー対策の脱感作療法にも力を入れているんでしょうか。
アバスチンがもう少しで卵巣がんに適応されると言う良い情報もありましたね。

勝俣先生は、仲間を作る事も大事だと…
それは身を持って感じてます。

セミナーの後は銀座へ移動。
2次会、いや2次会風の集まりではアルコールも入ってワイワイガヤガヤ。
大声でしゃべらないと聞こえないほどでしたね。

沢山の笑顔に会って、美味しい物食べて、大満足の1日でした。



初耳です!

長~い1日

comment iconコメント ( -5 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2013-10-29 11:17

Re: とくさん…さん?

コメント有難うございます。
ほんとに少ししかお話出来なかったのにブログに遊びに来て頂いて嬉しいです(^^♪

いつも会場に行っただけで勉強したつもりになって、実はあまり身になってないかも知れません。
今回のセミナーもお腹一杯のせい?でウトウトしちゃった事はここだけの秘密と言う事で
(^^ゞ

またいずれ何処かでお会いする事もあるかもしれませんが、その時はよろしくお願いします。

名前: もっちー [Edit] 2013-10-23 23:03

Re: ゆみさん

幹事ご苦労様でした。
ゆみさんが選んだ新しい会場は、とても好評だったようですね(*^_^*)

勝俣先生はとても分かりやすくお話してくれました。
質問コーナーも一つ一つ丁寧に答えてくれていました。

カルポが良く効くことは、ゆみさんが証明してくれていますよね。
でも脱感作療法をしてくれる病院は、まだまだ少ない様ですね。
手間と時間がかかるから、難しいのでしょうか。

沢山食べて沢山出す事は元気の印。
食欲の秋ですから美味しい物、お腹いっぱい食べちゃいましょうね。

名前: もっちー [Edit] 2013-10-23 22:52

こんにちは

OVCAの二次会で少しお話させていただいた、とくさんと申します。

もっちーさん、たくさん勉強されているんですね。尊敬ですv-352


これからも、おじゃまさせてくださいね<(_ _)>

名前: とくさん [Edit] 2013-10-23 10:41

勝俣先生に、勉強をし尽くしたみんながいきますから、なまじっかな話をしたらいけませんよ。と先に伝えました。
それはとてもたのしみだなあ。とおっしゃってましたが(笑)
良い話が聞けたのでしょうか。
カルボプラチンの話は身を持って納得がいきます。
私は終わって翌月から腫瘍マーカーがあがりましたから耐性が出来たと考えるべきところですが、1年以上あいたら、またカルボでの脱感作をかんがえてもいい。とまでいいます。
体力さえあれば有効な薬を続ける事が出来る。
食べて出すこと。大事な事です。
さあ、たべるぞーーー(笑)

名前: ゆみ [Edit] 2013-10-23 02:50

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。