早く寝るように心がけたり、会社が繁忙期だったりで、中々ブログの更新がままならず…
と言い訳をかましつつ、久々に漢方の病院のお話。

先生の診断によると、私は腸に熱がこもってしまってるらしいです。
腸は免疫を司る大切な場所。
ガンになったと言う事はやはり免疫力が弱ってるんですよと…

処方された漢方薬

ツムラ12番 柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
        気分を落ち着かせる。血圧を下げる 

ツムラ28番 越婢加朮湯(エッピカジュツトウ)
        喉の渇きとほてりを取る。

ツムラ34番 白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)
        湿疹を改善する。腫れや痛みを発散させる。

詳しい効能はこちらに書いてあります。

12番は上半身のコリを取ってくれるのね。
ホトフラはちょっと減ったような気もするけど、まだまだ分かりませんわね。
でも、カァっとする感覚がちょっと変わってきた?
以前は体の中から熱がこみ上げる感じだったけど、最近は自分の周りが暑い感じというか…
体の中の何かが変わってきてるのかな…
漢方薬って言うと体を温める薬って感じだけど、そればかりではないのね。

それと、これは漢方薬ではないみたいだけどセッコウ末という白い粉。
これは鎮静、消炎、解熱作用があるんだそうです。
でもこれ、なぜか保険がきかなくて自費なの。

この4種類をお湯に溶いて、午前の分とと午後分に分けてお茶代わりにゆっくり飲めと。

今の所言いつけ通り飲んでますが、ご想像通り劇マズです。
最初は続けられるか不安だったけど、なんとか味にも慣れてきました。
でも、会社で飲む時に匂わないように気を使っちゃう。
マイボトルに溶かして、飲んだらすぐにフタをしてます。
うまく効いてくれると良いなぁ…

すっかり漢方薬に興味を持った私。

先日も国立がんセンターの敷地内で行われた漢方薬のセミナーへ行ってきました。
漢方薬の効果を科学的に証明するべく、沢山の先生方が頑張ってくれているようです。

この様子は後日キャンサーネットジャパンで見る事が出来ます。


バルーンなひこにゃん ヾ(*≧∀≦*)ノ

とりあえずの告知

comment iconコメント ( -2 )

Re:kaorinさん

漢方薬に詳しい先生はまだ少ない為、処方する医師によって違いが出てきてしまうんじゃないかと思います。以前受診した漢方専門の先生でさえ「食前食後どちらでも良いよ」みたいな感じで言われたので、その時はちょっと不信感がわきました。

最近受けたセミナーによると、食間に服用するのが良いとのお話でした。
今回のセミナーもとても興味深いお話だったので、是非見て下さいね。

カードはクリスマス用ですね(*^_^*)
800枚ってすごいなぁ。
年末年始にかけてボランティアさんの仕事も忙しくなると思いますが、体に気を付けて頑張ってね!

名前: もっちー [Edit] 2013-11-29 23:04

もっちーさん

漢方のお話、興味深いです。
私は病院でツムラの24番(加味逍遥散)を処方され飲んでいます(^・^)

もっちーさんはお湯に溶かして飲んでいるのですね。

私はそのまま食後と処方されました。
同じ漢方でも人によっては食前だったりします。
いろいろと興味深く、勉強になります。

ボランティアでは12/19に病室へ届けるためのカード800枚作成しました(^o^)丿

名前: kaorin [Edit] 2013-11-29 09:42

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。