前回の記事にメール、コメント、LINEにてエールを送って頂いて有難うございました。
本日病院へ行ってきました。

結果、今の所は転移・再発の心配は無いでしょうとの診断を頂いて来ました。

今日は急遽診察の予約を入れたので、とりあえず先生とのお話だけでも出来れば良いなと思っていたのですが、
先生の方で来週行う予定だった採血とレントゲンを今日に変更しておいてくれた様です。

診察の前に看護師さんが来て、「今日はどうされましたか?」
と声をかけられたので、「ガ・ガンマが…」
と一通り説明。(ちょっと声が震えてたかも)

その後先生の診察。

749と言う超高値だったγ-GTPは185まで下がり、これまた798と言う高値だったALPは222と正常値まで下がりました。
それでもγ-GTPはまだまだ標準には遠いけど、ひとまずは下がってきてるから大丈夫ではないかと。

レントゲンも問題無し。

腫瘍マーカー

CA19-9は2.1
CA125は6.4

これもクリア。
当日に結果が分かるのは有難いですね。

ハッキリとした事は分からないけど、今回の高値の原因はやはり漢方薬の影響なのかもと。
漢方の先生は薬を変更してくれたけど、実は今飲むのを止めてます。
実際ホトフラも今は落ち着いてるし。

その辺の事は、次回漢方の診察の時に先生と良くお話してみようと思ってます。

今回の事で告知された当時の事や、治療中の様々な事を思いだしました。
そして、忘れかけてた日々平凡に暮らしている事の有難さを改めて感じています。

不安を打ち消したくて検索しまくるも、かえって不安が増す結果ばかりでしたわ。
診察が終わった後には病院内のタリーズで、しばしボーっとしてました。

念の為と、次回肝臓付近のエコー検査をする事になりました。
相変わらずみぞおち辺りのつっぱり感があるのですが、原因を調べるのは難しいのかな。

手術による癒着なのかなとも思うのだけど。
お腹開いて見る訳にもいかないしね。更に癒着しちゃう。

レントゲンに肝臓写りますか?とど素人丸出しの質問を先生にしてしまいましたが、
「写りませんよ♪」と。
やっぱり?(^^ゞ

もうすぐ治療終了して丸4年。
このまま無事に過ごせますように。

0479.jpg

肝機能が低下すると、肩こりや首筋の痛みが出てくると書いてあるサイトがありました。
実際最近首が痛くて、枕の高さを色々と変えてみたりしてました。
体は色々なサインを出してるんですね。

満開の桜を見るたびに、今回の事が思い出されるかも…
春がイヤな季節にならなくて良かった。

475.jpg

初めてのエコー検査

何かがヤバい…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。