そういえば今度の日曜日までだったなぁと思い出し、気になっていた『医は仁術』特別展へ行ってきました。
場所は、上野の国立科学博物館。

テーマは「江戸の医から、未来を眺める展覧会」
「仁」とは他人を思う心…だそうです。
こういう催しには珍しく、フラッシュ無しなら写真撮影がオーケーでした。

ドラマ、「仁」の世界へ入り込んだ感じですかね
スペシャルナビゲーターは大沢たかおさんでしたし。

正直、医療従事者でもない私はなんとなく眺めるだけでしたが、大きな病気も経験した訳だし身体の事については少なからず興味がありますからね。

難しい事は分からないけど、強い志を持った沢山の医師達によって今の医療が確立されて来たんだなと感じました。
そしてこれからも。
1枚だけ写真アップしちゃおう

256.jpg

彦根藩の手術道具。
こんな所で彦根を目にするとは

15日(日)までですが、詳しくはこちらで。

先日は新宿のイベント会場で、「オレンジバルーンフェスタ」なるものを開催してました。

「がんになったとしても、自分らしく前向きな療養生活を送るための相談と体験の2日間」
こんな感じ→オレンジバルーンフェスタin新宿

ここはたまたま通りかかったんだけど、お揃いのオレンジ色のポロシャツを着たスタッフさん(看護師さん?)達が頑張ってました。
2人に1人がガンになると言われてるけど、まだまだ他人事と思ってる人が多いんだろうな。
自分も5年前まではそうだったから…

5年目のキロク

人の仕事が気になります

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。