金木犀が薫る季節になってきました。
まだお仕事はしてませんが、何かと忙しく過ごしています。

前の会社で一緒だった子がS状結腸がんを患ってしまった事は以前お話しましたが、今週から抗がん剤治療が始まったそうです。卵巣がんのマンスリーと同じく、だいたい半年はかかるんだとか。

先月秋葉原のキャンサーフォーラムへ行った時、何か情報が無いかなと思い、大腸がんのブースへと足を運んでみました。

色々と冊子がある中で目に着いたのがコレ 

009.jpg

ブーケとは、「若い女性オストメイトの会」の事。

会社の子は、人工肛門を設置したそうなので何か役に立つかも。
思ったより進行していたのかな…それとも腫瘍の出来た場所が悪かったのかな…

でも、とても前向きに治療に取り組んでいるようだから良かった。
もちろん、辛い事もあるんだろう…

このアンケートによると、人工肛門を設置した原因で1番多いのはやはりガンだったけど、中には子宮内膜症が原因の人もいるのね。

その時に一緒に貰ってきたのがこのチラシ 

010.jpg

オストメイトのマークは知ってたけど、ストラップの存在は知らなかったな。
実物も見たけど、とても小さかった。

こうした内部障害のマーク。
東京都福祉保健局のヘルプマークとかうさポン製作委員会のうさポンバッジなどあるけど、自分が大病しなければ無関心のままだったかしれない… (*_ _)人ゴメンナサイ


自然の猛威

恐怖の時間

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。