癌を題材にしたドラマって、大抵主人公は亡くなってしまうんですよね。

今日TBSにて放送されている横山友美佳さんも、残念ながら21歳と言う若さで亡くなってしまって…

それにしても題名に感動ドラマと書いてあるのは、なんか違う気がする。

亡くなってしまったのに…

この番組作った人は、身近にガン患者がいないんじゃないだろうか。



自分がガンになる前は、やはりガン=死というイメージが強かった。

実父も義父もガンで亡くなってるし。

もちろんその事が頭から離れる事はないけど、治療をして元気になっている人も沢山いるはず。


なのでサザンの桑田さんの様な有名人に、ガンでも元気になれるんだよと言う事を証明してほしいなと思います。

桑田さんの元気な姿を早く見たいです。


週刊東洋経済の今週号はガンの特集。

今回は図書館で見るのではなく、ちゃんと買いました。

週刊 東洋経済 2010年 10/30号 [雑誌]週刊 東洋経済 2010年 10/30号 [雑誌]
(2010/10/25)
不明

商品詳細を見る

STARDUST REVUE のコンサート

漢方クリニック

comment iconコメント ( -6 )

うさぎさんへ

私も手術の為に入院した際に、不安で同室の方に色々と尋ねました。

私で分かる事であれば、出来る限りお答えしようと思ってます。
無事に手術が終わると良いですね。

名前: もっちー [Edit] 2010-10-27 23:18

早速S先生をHPで確認しました

癒し系?な感じですね
自分もきっと担当替えではないかと思います
お忙しそうですものね

よろしければ是非、これからも色々教えていただけますか?

ありがとうございました

名前: うさぎ [Edit] 2010-10-27 16:28

Re: タイトルなし

うさぎさん、はじめまして。

このブログが少しでもお役に立てているのなら、嬉しく思います(*'-'*)
手術に関しては、もう先生にお任せするしか無いんですよね。まさにまな板の上の鯉です。
でも、T先生ならきっと大丈夫ですe-271

T先生は主治医というよりは手術の時だけお世話になったと言う感じです。
手術後は担当の先生が変わりました。婦人科部長先生だから、色々とお忙しいんでしょうね。

ちなみに今の主治医はS先生ですが、同じ先生になる可能性もありますね。

名前: もっちー [Edit] 2010-10-27 11:20

はじめまして

何の縁か同じ病気、同じ病院、同じ主治医の先生で今手術に向けて準備をしています

とても参考になり、友人を得たようで心が少し暖かくなります

今は、細胞の種類もステージもわからないから、怖くて毎日考えてしまいます

このブログに元気づけられます


名前: うさぎ [Edit] 2010-10-26 22:45

Re: タイトルなし

ムーンさん、こんばんは。

結局テレビって視聴率を上げないといけないですからね。
なんだかんだ言っても、私も最後まで見てしまいましたし (-。-;)

これから抗がん剤の治療なんですね。
私の場合タキソテールの副作用は、爪がデコボコしたのと味覚障害でした。
人によって症状は違うと思うけど、頑張って乗り切ってくださいね。

名前: もっちー [Edit] 2010-10-26 22:33

こんにちは^^
先日コメント残させてもらったムーンです。
私、このドラマは観てませんが、いつも思うのはどうしてこうやって感動的にしあげちゃうのかな?って同じ事思います。
凄く言葉は悪いですが・・・
感動の押し売り、みたいな。
24○○テレビとかでも、必ず「癌」をテーマにしたドラマってありますよね。
事実は事実として伝える事は大切だと思いますが、どうもそうじゃない物語になってるような・・私はこの手のドラマは一度も観た事がありせん(^^;
人それぞれの感性なので何ともいえないけど・・。

来週からタキソテールの抗がん剤が始まります。
なんだかとっても不安で・・。色々と副作用などがアップされているブログを飛びまくってます(苦笑)

名前: ムーン [Edit] 2010-10-26 15:51

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。