2日前にG研へ行ったばかりですが、本日は婦人科ではなく他の科を受診してきました。

何故かと言えば、のどの違和感をしばらく前から感じておりまして。

ネットにて調べて見ると、のどの違和感には色々な原因があるみたいなんです。

自律神経の乱れによる物や甲状腺の異常等など。

普通であればそんなに気にする事ではないかもしれませんが、1度ガンを発症してしまうと

少しの事でも不安になってしまいます。


今日受診したのは、頭頸科と言う所。

婦人科の主治医が予約をとってくれましたが、そんな科があるとは知りませんでした。

簡単な問診表を書いた後、診察室の中へ。

先生とお話したあと、いよいよ鼻からカメラを入れて喉の中を見ることに。

まず鼻に麻酔のスプレーをしました。

ゆっくりと挿入。

これが声帯で…など一緒に画像を見ながら説明してくれました。

「イーって言って下さい」と言われ、イーっと。

声を出している間に、少しずつカメラを奥に入れているみたいでした。

結果、「何もありませんね」と。

エコーとかCTをしてみますか?と言われましたが、とりあえずは様子を見る事にしました。

婦人科の手術の後、のどの違和感を訴える人は少なからずいるようです。

更年期障害、いや卵巣欠落症の影響なんでしょうか。

体の一部を失った影響は、思わぬ所に出てきてしまうんですね。

念のため、のどに関係する腫瘍マーカーを調べるために採血をしました。

義父が下咽頭がんで声帯を摘出した経緯もあったので、ちょっと神経質になってしまいました。

結果は、次回の婦人科の診察の時に聞く事に。

3ヶ月も先なんですけどね。

それにしても、ガンになってからどれだけの回数の採血をしたことやら





神宮外苑いちょう祭り

定期健診 2010.11.17

comment iconコメント ( -1 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2010-11-19 23:13

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。